カテゴリー別アーカイブ: クォーツガラスコーティング

レクサス LS500 コーティング施工のご紹介 いろいろ考えさせられます・・

KONFIDOの藤田です。

レクサスLS5002月登録車 施工をさせていただきました。ありがとうございます。

新車で2社でコーティングを施工したのですが、仕上がりがひどくてお困りのお客様からご依頼をいただきました。

お客様は以前は某コーティングショップで施工を依頼していたそうです。ただそこが閉店してしまっていたことから購入先でコーティング 仕上がりがひどく、別のコーティングプロショップで施工するもあまり変わらず、これ以上触るのが怖いと言われてしまい、何とかして欲しいというご依頼でした。たまたまお願いし、以前にお付き合いしていたショップがしっかりとした技術の高い方で、まさかここまでコーティングショップの技術差があるとは思っていなかったということでした。たまたま、お客様がお車を止めている駐車場が照明の当たるところで、気が付かれたとのことでした。

お車は見ていませんでしたが、お客様には、もう大丈夫ですよ!と、気持ちよく施工をさせていただくことになりました。そのための技術ですから!

施工前の状況です。脱脂シャンプーで隠しているものを除去しただけでこんな状態でした。

正直やるせない気持ちになりました。車が可哀想すぎて

バンパー 施工前

DSC_0230 DSC_0226 DSC_0227 DSC_0224 DSC_0223 DSC_0218

DSC_0197

ボンネット トランク 施工前

DSC_0183DSC_0305 DSC_0306 DSC_0307  DSC_0586 DSC_0587

DSC_0215

ドア、フェンダー廻りなど 施工前

DSC_0184 DSC_0185 DSC_0186 DSC_0187 DSC_0188  DSC_0191 DSC_0192 DSC_0193 DSC_0201 DSC_0204 DSC_0206DSC_0194

下地のおそまつさ いけません。特殊ライトで照らしているとはいえ・・・

レクサスやトヨタに採用されてますセルフレストアリングコートという特殊なクリアは柔軟性の高いキズ自己修復性があり、非常に繊細な技術やノウハウが求められます。適当な技術で触ることはあってはなりません。技術とノウハウがなければ、下地はほとんど触れませんし、適当に艶などで誤魔化した仕上がり施工がいいところでしょう。

技術が無く、誤解した知識は、目の前の本来の姿を知ることが出来ず

間違った施工で、間違った状態にしてしまいます。

誤魔化しの高いコーティング剤等に頼らざる終えず、間違ったコーティングは後々素材に悪影響すら与えてしまいます。

(ボディー施工後は最後に添付させていただいてます。)

ステップ・ドア等内側 施工前

ステップの中など細部までベタッとしたコーティングで特殊ライトでで白っぽくムラになっています。これではそのうち汚れを呼び込み、コ余計な劣化物の付着を招きます

DSC_0241 DSC_0242 DSC_0243 DSC_0244 DSC_0245 DSC_0246 DSC_0247

 

ステップ内側 施工後

WAXを完全除去し、ポリッシング、コーティング施工をしました。

DSC_0430 DSC_0434 DSC_0435 DSC_0436 DSC_0440 DSC_0441 DSC_0446 DSC_0448 DSC_0449 DSC_0450 DSC_0451 DSC_0452 DSC_0453

ホイール 施工前

コーティングしてほんと間もないのですが、特殊ライトで確認すると、コーティングの下にシミがある状態で、上にも拭いても除去できないシミが大量に付着していました。おそらく、シミの確認ができていない、厳しく言うと目をつぶって塗っているような、適当な素人施工。またコーティングも艶はあるのですが、ホイールという素材、塗料、環境を考慮されていない気がしました。

DSC_0326 DSC_0327

ホイール 施工後

ケミカル洗浄、クリーナーポリッシュ、コーティング施工をしました

DSC_0540 DSC_0541 DSC_0542 DSC_0543 DSC_0544

 

コーティングプロショップが沢山ありますが現状めっちゃくちゃ大きな技術差があります。

コーティング施工本来の技術の進歩が誤魔化す技術の進歩になってしまってはいけません。

クリア塗装もどんどん新しくなり、素材も様々です。1日、1日、進化を遂げながら、技術を磨き探求している技術者もいますが、残念なことに素人の腕前で、施工の奥の深さを知らず、施工性の良いコンパウンドやコーティング溶剤などで上手く出来ていると勘違いし、進化しない業者が大半かもしれません。世の中のコーティングもそういう風なものになってしまってる部分もあり、このままでいいのかと危惧しております。

施工性の良いコンパウンドやコーティング溶剤を否定するわけではありません。しっかりと本物の技術を持ちこれらをいい方向に生かせる施工はとても良いと思います。ただ技術が無く、施工が出来ておらず、本質を理解しておらず、それらだけに頼ってしまっていては技術は育ちません。一から十までがつながり、細かな細かな施工の組み合わせで確かなものを作り上げていく素晴らしい、面白い、魅力のある仕事を知ることもできないのは可哀想に思いさえします。日々、勉強と進化を遂げ、知れば知るほど奥が深くなり、難しくなり、真剣に取り組むと、簡単な施工など存在しません。同じ車種でも、一台一台状況は異なり、環境や、メンテナンス方法も加味して、どうしてあげることがお車にとって一番いいのか、肌の状態によって的確に正確な最小限な施工で限りあるクリア塗装や素材に向き合わなければなりません。そんな真剣にコーティング施工を楽しんでいるのがKONFIDOです。日々進化し、この前までの技術はもうありません

最後にボディ 施工後

DSC_0476 - コピー DSC_0477 - コピー DSC_0478 - コピー DSC_0479 - コピー DSC_0480 - コピー DSC_0481 - コピー DSC_0482 - コピー   DSC_0484 DSC_0485 DSC_0486 DSC_0487 DSC_0488 DSC_0489 DSC_0490 DSC_0491 DSC_0492 DSC_0494 DSC_0496 DSC_0498 DSC_0501  DSC_0503 DSC_0504 DSC_0505 DSC_0506 DSC_0507 DSC_0508 DSC_0509 DSC_0511 DSC_0513 DSC_0514 DSC_0515 DSC_0516 DSC_0523 DSC_0524  DSC_0529  DSC_0532 DSC_0533 DSC_0535 DSC_0536 DSC_0545DSC_0502

DSC_0547 DSC_0548 DSC_0549

DSC_0458  DSC_0460 DSC_0461  DSC_0463    DSC_0469 DSC_0470 DSC_0471 DSC_0472 DSC_0473 DSC_0595 DSC_0597 DSC_0598

DSC_0629 DSC_0630 DSC_0631

DSC_0618DSC_0628

DSC_0626

DSC_0620DSC_0621

 

 

 

ヘッドライトの黄ばみ等 あきらめてませんか? 新しいご提案がありますよ

スナップショット- 1 (2)

DSC_0614

 

久々にMYヒット商品( ◠‿◠ )

ヘッドライトリペア スチーム皮膜再生施工?

ヘッドライトプロテクションフィルム 93.6%紫外線カット メーカー5年耐久

のコラボ

今まで、コーティングしても効果が薄いなどでガッカリされていた人に

なかなかいい感じ・・・これはきっと救世主かもしれません。

モニター施工、施工技術向上を図り、ようやくおすすめできる形になってきました(>_<)

DSC_0061 DSC_0588 DSC_0508DSC_0746

 

後日更新していきます・・・頑張ります(-_-;)

待てない方はお問合せ下さい。m(__)m

ランボルギーニ ウラカン  コーティングフルコート施工 190128

ウラカン お預かりさせていただきました。

DSC_0620

DSC_0618 DSC_0619

道中、ご無事で(^^;)

DSC_0630

安宿ですが、しばらく我慢してください。でもおもてなしは最高ですから( ◠‿◠ )

翌日から施工開始です

 

DSC_0640 DSC_0641

MOV_0664_000102 MOV_0664_000138 MOV_0664_000152

当店はあたりまえですが、基本的に洗車から全てフル純水施工 純水とは水道水の中に含まれてます車に良くない不純物をろ過した水です。水道水での施工はどんなに丁寧に行っても不純物などの付着は避けられません。知らない分からない、見ない見えない、考えない向上しないは恐ろしいことですね。コーティングを施工するうえでの最低レベルです。

養生、下地処理、細部洗浄、鉄粉除去などは、どのようなお客様(お車)でも変わりません。メニューやコースによって分けております。

でも流石に気は使います

目視で綺麗に見えても、特殊ライトなどで確認しますといろいろな問題がおきています。キズ、シミ、塗装の痛み、しっかり状態を判断し、患者さんの(お車)的確な施工を行っていきます。物を施工するという意識ではなく、気持ちのある、命のある患者様を施工させていただくという意識です。中途半端な腕で施工することは申し訳ないと考え、日々技術の探究は怠ってはなりません。

DSC_0720 DSC_0716 DSC_0725

MOV_0733_000016

時間はかかります 手間をかけ、ひとつひとつが結びついていきます。

DSC_0749 DSC_0752

ボディー、ウインドガラス、ホイール、樹脂パーツ 全てのクリーニング及び研磨、コーティング施工完成です。乾燥硬化 室温を一定に保ち安定させ、コーティングが徐々に仕上がっていきます。

これは設備なしではできません。見た目には分からないかもしれませんが質は大きく異なります。

コーティング業者 同じくくりでも施工レベルや施工への姿勢は大きく違います。

DSC_0002

安全運転で納車行ってきます(^^)/

DSC_0764

DSC_0765

 

明けましておめでとうございます

年越しお預かり施工

カプチーノ ボディーコーティングでお預かりさせていただきました。年末施工が大変混みあってしまい、年越しでお預かりさせていただきました。

赤色 特有の色焼け気味の状態と、以前に他社でされたコーティングのムラが目立ってきてるのを気にされてました。

DSC_0508

DSC_0541

一緒にヘッドライトも綺麗にすることになりました。ヘッドライトは今回、塗装されている部分を落として、本来の形状に戻し、コーティングではなく、当店で始めました皮膜再生と、さらに保護を高めますプロテクションフィルムを施工させていただくことになりました。

塗装を剥いでいきます

DSC_0506 DSC_0552 DSC_0540

際の剥離時のボディーを傷つけるリスクを回避するためにヘッドライトを脱着しました。

DSC_0547 DSC_0549 DSC_0551

ヘッドライトの劣化皮膜を完全に除去しました

DSC_0553

皮膜再生コートを施工しますと

DSC_0559 DSC_0560 DSC_0561 DSC_0586 DSC_0587

すっかり綺麗になったヘッドライトに更に紫外線カット93.6% 5年耐久のプロテクションフィルムを貼ることで、当店ベストのヘッドライト施術の完成です(^^♪

DSC_0585

ボディーも研磨しコーティング施工も行いました。塗装ガン吹き付け施工のためマドガラス、プロテクションフィルムを貼ったヘッドライトは養生を行い、それ以外のボディーパーツは全て塗装ガンにて吹き付けコーティングしていきます。(タイヤ、ホイール、下廻りは除く・・・一応)

 

DSC_0590 DSC_0607

いい感じになりました

DSC_0608 DSC_0609

お引渡しが楽しみです。

大変お待たせいたしました。(^^;)

続いて、もう一台

インフィニティ エスカレード

ウインドガラス重度ウロコ除去&ガラス磨き コーティング

ヘッドライトプロテクションフィルム施工でお預かりさせていただきました。

前回、ハイモースコートを施工させていただいたお車です。

施工による マスキングテープ跡や硬いコンパウンド、ケミカル溶剤によるボディーへ攻を防ぐためにボディー全体を布クロスなどを用いて、ウインドガラスのみ出してミーラのように養生します。マスキングテープもボディー表面には一切貼らないで施工していきます。

当たり前ですが良い施工をするには手間はかかりますね。

DSC_0604 DSC_0600 DSC_0598 DSC_0597 DSC_0596 DSC_0595 DSC_0593

いい感じにマドガラス、ヘッドライト仕上がり、お客様にもとても喜んでいただきました。

Before Afterなどの写真はすっかり撮り忘れてしまいました(>_<)

昨年もたくさんのご愛顧をいただきまして、おかげさまで6年目を迎えることが出来ました。

本当にありがとうございます。これからも益々精進してまいりますので何卒よろしくお願い致します。

コーティング施工車、まとめてになってしまいますが後日アップ致します。

 

施工へのこだわり

DSC_0647[1]DSC_0197[1]

DSC_0936_1[1]DSC_0610[1] DSC_0643[1] DSC_0638_1[1] DSC_0624_1[1]DSC_0356[1] DSC_0271[1] DSC_0419[1]  DSC_0089[1]DSC_0982_1[1]

 

車のボディーケアのプロフェッショナルでありたい もっともっと車にとってベストのボディーケアを そのために、常に追求を怠らず、新たなことを知ろうとする 難しさの中に、真の技術の奥の深さを知ることができる コーティング専門店として、本物の施工を実行する。 お客様である車が心から喜んでもらえる施工 人間の体と同じように、真の施工とはとても難しく、奥が深く、繊細な施行 車の肌は自己再生できず、限られたものだから、取り返しがつきません。 ひとつの汚れや、傷み どうすることがその車にとってベストなのか? 施工の仕上がりも最初から全てがつながって良い仕上がりになっていきます。 お車の状態を知りながら的確に進めていく。下地処理から磨きの工程や施工溶剤、施術のやり方から、すべてがコーティングの完成に大きく影響していきます。そのすべてを知っていなければ、車にとって最良の施工に近づけることは出来ません。 車の年齢や塗装の種類・状態、素材の痛み またその車ごとのオーナーのケアの違いや、置かれている環境の違いなどで、おすすめの施工やコーティングの種類は変わっていきます。施工は車の状態を的確に判断し、さわりながら理解していきます。 そのためには、手術台にあげるように、的確に見える環境、的確に行える設備、うわべやなんとなくではなく、本物の技術と知識が必要です。 外や屋根付きだけの設備では砂埃があっという間にボディーに降り注ぎます。水ひとつとっても不純物の塊です。適当なライトでは目をつぶってだいたいで施工しているようなものです。素地は繊細ですぐに荒れてしまいます。施工にはそこを感じ取るたしかな技術が必要です。昨今のコンパウンドやコーティング剤は技術が無いものが施工しても埋めてくれて綺麗に見せかけてくれるものが流行しています。素地はしっちゃかめっちゃかだったり。車は何も言えないので 方向的に、コーティングや磨きは、少し練習すればできるものになってしまっていっている気がします。本当は全く持って出来てないのかも?綺麗にできている、上手だと勘違いしてるのでは?施工するのはよっぽど下手でなければ誰でもいいってなってしまうかも。そんなもんでいいと・・・もちろんそれぞれの考え方や状況があるので綺麗に見えればいいということは、あるかとは思います。 あくまでも私の個人的な考えですが、それではコーティングの業界自体の価値を下げる気がします。本物の技術は育たないし、もっとコーティング技術の奥の深さを 価値を知ってほしいと 車を物ではなく患者さんとして、大切なお客様として、声を聞きながら施工し、心から喜んでいただく。それがKONFIDOのポリシーです。 KONFIDOではご予算によって、おすすめのご提案をさせていただきます。こんなに難しく書いてしまうと、とても値段が高く頑固な印象を持たれるかと思いますが、そうではなく正直に分かりやすく説明し、オーナー様に理解していただき、そのなかでこのご予算でしたらこんなやり方ができますとか、こんなふうにするとこのぐらい費用がかかりますとか、柔軟にご提案、オーナー様とご相談していきます。 車はこの施工でこうなって、こういう風に完成する予定ですとか、専門的にできる限り明確に説明し、車にしてあげられることを提案していきます。 日々、進化を遂げられるように、これからも突き進んでいくKONFIDOです。 長々と、大変失礼しました

DSC_0735_1[1] DSC_0734_1[1]

 

DSC_0597[1]DSC_0433[1]