カテゴリー別アーカイブ: クォーツガラスコーティング

施工へのこだわり

DSC_0647[1]DSC_0197[1]

DSC_0936_1[1]DSC_0610[1] DSC_0643[1] DSC_0638_1[1] DSC_0624_1[1]DSC_0356[1] DSC_0271[1] DSC_0419[1]  DSC_0089[1]DSC_0982_1[1]

 

車のボディーケアのプロフェッショナルでありたい もっともっと車にとってベストのボディーケアを そのために、常に追求を怠らず、新たなことを知ろうとする 難しさの中に、真の技術の奥の深さを知ることができる コーティング専門店として、本物の施工を実行する。 お客様である車が心から喜んでもらえる施工 人間の体と同じように、真の施工とはとても難しく、奥が深く、繊細な施行 車の肌は自己再生できず、限られたものだから、取り返しがつきません。 ひとつの汚れや、傷み どうすることがその車にとってベストなのか? 施工の仕上がりも最初から全てがつながって良い仕上がりになっていきます。 お車の状態を知りながら的確に進めていく。下地処理から磨きの工程や施工溶剤、施術のやり方から、すべてがコーティングの完成に大きく影響していきます。そのすべてを知っていなければ、車にとって最良の施工に近づけることは出来ません。 車の年齢や塗装の種類・状態、素材の痛み またその車ごとのオーナーのケアの違いや、置かれている環境の違いなどで、おすすめの施工やコーティングの種類は変わっていきます。施工は車の状態を的確に判断し、さわりながら理解していきます。 そのためには、手術台にあげるように、的確に見える環境、的確に行える設備、うわべやなんとなくではなく、本物の技術と知識が必要です。 外や屋根付きだけの設備では砂埃があっという間にボディーに降り注ぎます。水ひとつとっても不純物の塊です。適当なライトでは目をつぶってだいたいで施工しているようなものです。素地は繊細ですぐに荒れてしまいます。施工にはそこを感じ取るたしかな技術が必要です。昨今のコンパウンドやコーティング剤は技術が無いものが施工しても埋めてくれて綺麗に見せかけてくれるものが流行しています。素地はしっちゃかめっちゃかだったり。車は何も言えないので 方向的に、コーティングや磨きは、少し練習すればできるものになってしまっていっている気がします。本当は全く持って出来てないのかも?綺麗にできている、上手だと勘違いしてるのでは?施工するのはよっぽど下手でなければ誰でもいいってなってしまうかも。そんなもんでいいと・・・もちろんそれぞれの考え方や状況があるので綺麗に見えればいいということは、あるかとは思います。 あくまでも私の個人的な考えですが、それではコーティングの業界自体の価値を下げる気がします。本物の技術は育たないし、もっとコーティング技術の奥の深さを 価値を知ってほしいと 車を物ではなく患者さんとして、大切なお客様として、声を聞きながら施工し、心から喜んでいただく。それがKONFIDOのポリシーです。 KONFIDOではご予算によって、おすすめのご提案をさせていただきます。こんなに難しく書いてしまうと、とても値段が高く頑固な印象を持たれるかと思いますが、そうではなく正直に分かりやすく説明し、オーナー様に理解していただき、そのなかでこのご予算でしたらこんなやり方ができますとか、こんなふうにするとこのぐらい費用がかかりますとか、柔軟にご提案、オーナー様とご相談していきます。 車はこの施工でこうなって、こういう風に完成する予定ですとか、専門的にできる限り明確に説明し、車にしてあげられることを提案していきます。 日々、進化を遂げられるように、これからも突き進んでいくKONFIDOです。 長々と、大変失礼しました

DSC_0735_1[1] DSC_0734_1[1]

 

DSC_0597[1]DSC_0433[1]

5周年

沢山のご愛顧を賜りまして、おかげさまで無事に5年目をむかえることができました。

ここに厚く御礼申し上げます。

KONFIDOは常にお客様に信頼されるお店を目指し、日々、技術の探求を行い

より精進していきます。今後ともよろしくお願い致します。

コーティング前 脱脂仕上げ8 ハイモース塗布3 ミドル~ハード8

DSC_0408 DSC_0004 DSC_0008 DSC_0021 DSC_0028 DSC_0037 DSC_0044 DSC_0049 DSC_0056 DSC_0060 DSC_0066 DSC_0069 DSC_0071 DSC_0074 DSC_0078 DSC_0080 DSC_0086 DSC_0088 DSC_0089 DSC_0090 DSC_0092 DSC_0099 DSC_0104 DSC_0120 DSC_0127 DSC_0131 DSC_0135 DSC_0136 DSC_0144 DSC_0154 DSC_0167 DSC_0176 DSC_0182 DSC_0186 DSC_0193 DSC_0194 DSC_0199 DSC_0205 DSC_0213 DSC_0230 DSC_0233 DSC_0234 DSC_0235 DSC_0239 DSC_0243 DSC_0247 DSC_0250 DSC_0258 DSC_0260 DSC_0262 DSC_0266 DSC_0268 DSC_0296 DSC_0310 DSC_0326 DSC_0340 DSC_0344 DSC_0349 DSC_0352 DSC_0353 DSC_0380 DSC_0383

DSC_0843 DSC_0844 DSC_0845 DSC_0408 DSC_0438 DSC_0443 DSC_0446 DSC_0454 DSC_0461 DSC_0470 DSC_0471 DSC_0495 DSC_0496 DSC_0497 DSC_0500 DSC_0508 DSC_0513 DSC_0523 DSC_0532 DSC_0535 DSC_0536 DSC_0541 DSC_0547 DSC_0549 DSC_0561 DSC_0567 DSC_0569 DSC_0577 DSC_0580 DSC_0585 DSC_0604 DSC_0614 DSC_0623 DSC_0626 DSC_0627 DSC_0644 DSC_0649 DSC_0651 DSC_0652 DSC_0653 DSC_0654 DSC_0655 DSC_0657 DSC_0675 DSC_0685 DSC_0689 DSC_0704 DSC_0705 DSC_0710 DSC_0712 DSC_0737 DSC_0743 DSC_0749 DSC_0751 DSC_0761 DSC_0763 DSC_0764 DSC_0768 DSC_0773 DSC_0781 DSC_0789 DSC_0791 DSC_0792 DSC_0798 DSC_0801 DSC_0819 DSC_0828 DSC_0829 DSC_0837 DSC_0839

DSC_0947 DSC_0848 DSC_0855 DSC_0859 DSC_0889 DSC_0891 DSC_0892 DSC_0898 DSC_0930 DSC_0934 DSC_0937

 

 

 

レザーコーティング クリアガード

レザーコーティングです

 

DSC_0687白いシート【色写りテスト】 下側 未施工  上側 施工済

水性のボールペンで落書き後にクロスで拭いた状態です。下の未施工部位は取れなくなりましたが上側の施工済部位はクロスで拭くと簡単に除去できました。ジーンズの色写りやファンデーション付着にも効果抜群です。先日もジーンズでベージュのレザーシートが真っ青になっているやつをクリーニングとクリアガード施工しました。それなのに写真撮り忘れました(>_<)最低です

黒いシート【スクラッチテスト】 下側 未施工  上側 施工済

右側のサンドペーパーでゴシゴシ擦った状態です。下の未施工部位はキズが入り白くなってしまいましたが、上側の施工済み部位はガードできてます。左側だけムキになって擦ったので少し白くなってしまいましたが(^^;)相当な耐スリ効果を実感できました(笑)

 

3年の保護効果(施工証明書付き)

人や動物に無害

防汚・防カビ・日焼け止め・耐水性・スクラッチガード

高級レザーを製造しているメーカーが開発したコーティングなので信頼性が高いです。

他社でシートにガラスコーティングするやつもあるのですが、通気性や安全性に問題があるのではと・・・

下の画像のようにクリーニング

クリーニング前

DSC_0661 DSC_0657 DSC_0659

クリーニング後

DSC_0683 DSC_0677 DSC_0678

これ分かりやすいですね

半々に分けてます( ◠‿◠ ) 車種がグランカブリオレです

いいのがありました

DSC_0037 DSC_0036

汚れはこんな感じ(バケツの中の汚水)

DSC_0069

施工は大変 ガンで吹き付けるのでマスキング養生が

アテンザ

 

DSC_0863 DSC_0857 DSC_0855 DSC_0110 DSC_0100

グランカブリオレ

DSC_0076 DSC_0071 DSC_0070

レクサス

DSC_0863 DSC_0857

こんな感じでガンで吹き付けます。時間を空けて3周吹き付けを行ってます。

MOV_0989_000006 MOV_0989_000740

フロントのみ15000円~30000円(クリーニング込み)

フロントリヤ30000円~50000円(クリーニング込み)

3列は別途見積もり

その他、ハンドル廻り・ドアトリム・コンソール廻りなども施工できます。

詳しくはご連絡、ご相談ください。

なかなかのハイクオリティーでおすすめです。新車のうちにやると効果抜群だと思います。

ちなみにバックスキンやファブリックのコーティングもできます。

車内のクリーニングのみ、光触媒コーティング、オゾン消臭なども施工できますのでご相談下さい。

 

 

頼もしい助っ人達

フェラーリF430磨き4

KONFIDOに少しいい変化が起きています。

 

とても真面目で丁寧なセンスの高いスタッフ達(顔出しは無しで)

 

 

 

DSC_0890DSC_0898DSC_0726

もともとみんな自分のお客さんです。すごく自分の車を綺麗に維持し大切にしてたお客さんで

最初見かねて手伝いが始まりました(笑)

もう一人、すごい職人さんで、センスのいい子もいるのですが最近本業が大変で幽霊部員です(笑)

腰を痛めたり、いろいろな出会いなどがある中で、仕事も徐々に広がり始め、更に質を高くするためにも

ただただ一人で頑固に技術を育て、真似されないように極秘にしてきましたが

人は大切だってようやく気づきました(やれやれ)。自分の人間としての成長にもなりますし

KONFIDOバッチリです・・・かね(笑)

2018年 新年のご挨拶

今年もどうぞよろしくお願い致します。

沢山の方々に支えられて、おかげさまで5回目の年越しを迎えることができました。

心から感謝しております。

2018年、お客様と深い信頼でつながる

そんなお店にしていけるように一歩一歩精進してまいります。

今年の年越しは2台をお預かりさせていただきました

作業が間に合わずに

 

DSC_0462 DSC_0484

アストンマーチン&300C

下はアストンマーチンAfterです(^^♪

DSC_0473 DSC_0478

日曜大工で工場の改築も少しできました。

DSC_0435 DSC_0444

DSC_0495 DSC_0494

合間を見ながら、少しずつやっていきたいです(^^♪

 

DSC_0420 DSC_0418

お預かりしているホイールコーティングも施工

熱処理して皮膜の強度を上げてます。

 

KONFIDO 2018年スタート( `ー´)ノ