月別アーカイブ: 2015年1月

雪かき 今年は計画的にできました(笑)

寒い毎日、とうとう雪が積もりましたね

しかし、今年は去年の反省を踏まえ(去年は積もった翌日に雪かきをしたので国道からお店に入ることもできずに、シャベルひとつで雪かきに1日かかり、腰を痛める始末でした・・・(^^;)

今年は去年のうちから準備

DSC_0052[1]

雪が降ってる当日から3回雪かきを!上の ダンプ小さまが大活躍でした!

帰宅前に最終雪かきを行い

翌日のお引渡しも難なくスムーズにすることができました(^-^)

計画的ってホント大切ですね!

DSC_0031.jpg雪

コーティングについて 文字だけ(-_-;)

コーティングの奥の深さ・・・

いろいろな情報がありすぎて他社のホームページを見ていると自分も訳が分かりません(笑)

ただ、実際 何万円という高額な価格のコーティングが市販で購入できる1台

千円、二千円のコーティング剤を使用していたりと驚愕することも・・・。

コーティング剤の入手先、製品の品番などを知るとあそことあそこの

コーティングは同じとか、オリジナル名称付けてるだけとか・・・

怪しい・・・これも奥の深さなのか?(・_・;)

魂込めてコーティングしているショップのひとつとしては悲しい・・・

コーティングは施工で大きく変わるものなので、そのためにはしっかりとした技術、知識、経験、設備が必要不可欠ですし、何よりもコーティングという仕事に真摯に向き合ってるショップを選ぶことを・・・

コーティングをしっかりやると下地処理から定着、硬化と、必ず相応の時間、日数が必要です。下地を仕上げるのを真面目にするのにいろいろな光源、機材を駆使し手間と時間がかかります。ここをおろそかにするとガッカリしたことになります。この下地をおろそかにしておろそかにしても艶で誤魔化せる安いコーティングを主力商品にしている儲け重視も世の中多々・・・・(>_<)そんなコーティング剤が大好物な方達も・・・(T_T)

一台一台異なる塗装状況

施工もそれに合わせて的確な技術が要求されます。下地の劣化が著しいなら磨きプラス、下地形成する施工が必要だったり。クリアの荒れを整えベース面を改善して、コーティングの定着と効果を発揮できるようにする施工などなど(リペアで下地材や下塗り塗装でベースを作り、色の組み合わせで色合いや輝き、膜厚を上げ、クリアー塗装で保護力を増し・・・などと理屈は変わりません・・・(^-^)そのためには磨き技術だけではなく、塗装の性質からコーティングの性質を理解しコーティングを作る技術と知識が必要です。無機、有機、官能基、それぞれのコーティングの相性と性格

この子とこの子はどうかなぁ・・・・性格が・・・こうしたら仲良くなれるなぁ・・・

(・_・;)冗談ではなく本当の話ですよ!子がコーティングで性格が性質ですが・・・紛らわしい(^^;)

知れば知るほど難しく、知りたくなり、面白いこの仕事が大好きです!言葉じゃ語りつくせません(*^-^*)(話し相手待ってます(笑))

コンフィードではコーティングのガラスコーティングは素地にこだわり、定着をベストに高性能の強い皮膜のベースコーティングをつけることを主としてます。塗装面の状況によっては、一手間、二手間、三手間いれてベースを作ります。その上に2層で柔軟性のあるトップコートをいれる組み合わせで、さらにメンテナンス性に優れた皮膜をコートしたり・・これはお客様の保管環境やメンテナンスのやり方によって異なるので、一か月点検、メンテナンスを通して、アドバイスします。(初回コーティングはご希望・ご予算により柔軟にアドバイス、ご提案します。)

メンテナンスは状況によりおすすめの施工内容は異なりますが、ベースにしっかりした皮膜、それに組み合わせたトップから成るコート形成を作っておけば、大抵の場合は、ほとんど磨かずクリアコートでキズを埋め、トップコート補充で復活することができたりします。また、シミはほとんどの場合、特殊溶剤のみでコーティングを傷めずに取れてしまったりします。(どうしても、日々のメンテナンス状況によりますが)

初回施工のしっかりとした美しさから、その後のメンテナンス性、初回コーティングからの変わらない皮膜形成の維持を考えて日々精進を( `ー´)ノ

(コーティングによってはメンテナンス時の施工で皮膜はほぼ無くなり、メンテナンス剤コーティングになってしまっているなんてこともあったりします。そんなのでは耐久とかって・・・)

コンフィードのコーティング商品名(例えばクォーツ)はあくまでもコーティング形成の主力であり、それを生かす施工をして初めて商品になってます。よりコストと時間がかかりますが、一台一台真摯に思いを込めて施工しているので、胸を張ってコーティングを通してたくさんのお客様と信頼関係を築いていきたいという思いで日々取り組んでいます。(*^-^*)

コーティングはホームページ以外にも多々施工できます。他所で7、8万で施工されているコーティングが4,5万でできたりもしますよ(笑)すべてに正直に向き合います!

全然話し足りませんがそろそろやめときます。言葉足らずでいっぱい疑問持たれるかも・・・

聞きたいことありましたらぜひお気軽に藤田までどうぞ~(^^;)

 

 

 

 

 

ゴルフGTI クォーツオリジナル+ホイールコーティング

ゴルフGTI クォーツオリジナルとホイールコーティング施工させていただきました。どうもありがとうございます。

下地処理から進めていきます。鉄粉、水垢、旧コーティング、その他いろいろ、しっかり除去していきます。クリアの素地を丁寧にポリッシングしていきます。

DSC_1193.jpg 高橋さまゴルフ1

コーティングのやり方、種類は、ボディー状況によって 異なります。

しっかり診断、または施工していく中で判断する経験と技術が必要不可欠です。ボディーの状況が非常に悪ければ、磨きだけでなく、ベースからの改善が必要になります。そうしなければ、コーティング

 

DSC_1196.jpg高橋さまゴルフ2 DSC_1203.jpg高橋さまゴルフ4 DSC_1200.jpg 高橋さま」

パネルの隙間や隅々までしっかりコーティングできました(^^♪

お客様、洗車したり、自分でメンテするのが好きとおっしゃっていたので ♪

今回はクリア層を整え、磨きだけで補えないベースをコーティングで整え、メンテナンス性のいい形に仕上げました。

東北は地域的にも融雪剤や気温の寒暖差など、非常に過酷な環境にあると思います。相当恵まれた保管環境がなければ、メンテナンスなしに美しさをキープするのは非常に困難だと思います。

メンテナンスのやり方やサイクル、タイミングもいろいろあります。

いろいろな情報が出回っている中で、混乱することも多いかと思います。そんな疑問があればお気軽にご相談ください。些細なことでもお役に立てればと思います<m(__)m>

白 3台並び 感動!(^^)!

白色が3台 横並び めったにないことで感動してます(笑)

普段は黒がすごく多いです。年末、白色が多かったです・・・

日頃の行いが良いからかなぁ(^^♪

でも実は、黒系は見えるから分かりやすくて施工がしやすく、白系は見えにくいため施工が難しかったりします!黒は、腕の差がはっきりわかりますよね。ただ、白は下手さを隠してしまうので厄介です。 白は神経使います。黒も使いますが。(全部神経使います(笑))色により、見えやすい汚れも変わります。発見するためには設備と技術、知識、経験が大切です。黒でいれちゃう傷やムラは白でも同じように入ってます。黒を仕上げられない人は白も実際は同じように仕上げられてないんです。見えないから、分からないからでは車がかわいそうに思います。

誠実に向き合って、技術UP、本当のいい施工をしていきたいと思います。

 

DSC_1095.jpg 白3台 記念撮影

キャデラック エスカレード 鏡面研磨

投稿、さぼっててゴメンナサイ<m(__)m>

おまけに・・誤って写真フォルダーの上に別のフォルダーを上書き保存してしまったようで、あとから投稿しようとストックしてたものが・・・・・(;_;さっきまでパソコンの前で硬化してました・・・

ということでカメラに残ってた昨年12月後半からの投稿になります!(・_・;)

 

キャデラック エスカレード

コーティングご依頼ありがとうございます。

スポット、小キズ、白ボケ やりごたえ満点ですね(^^♪

DSC_1122  DSC_1126

DSC_1131 DSC_1133 DSC_1135

気合磨き開始 ( `ー´)ノ

DSC_1138

細かいところも磨きたくなり ゴム脱着、パーツ脱着

細かいところが気になり、施工追加(^^;)

養生、機材、材料 大放出(;_;

でも、止まらないこの気持ちとこの体(笑)

DSC_1130 DSC_1129

After(長く険しい道のりでした・・・自分で余計そうしました)

でも、この変わりよう(^^♪お客さん、めちゃくちゃ喜ぶでしょ(^_-)-☆

DSC_1134 DSC_1132 DSC_1153 DSC_1145 DSC_1144  DSC_1139 DSC_1141

DSC_1156

いい仕事したなあ(自己満足(^^♪)

細かくお求めのお客様、大募集ですよ~(笑)

磨き、コーティング、知れば知るほど奥が深く難しく面白いです(^^)/