ランボルギーニ ウラカン  コーティングフルコート施工 190128

ウラカン お預かりさせていただきました。

DSC_0620

DSC_0618 DSC_0619

道中、ご無事で(^^;)

DSC_0630

安宿ですが、しばらく我慢してください。でもおもてなしは最高ですから( ◠‿◠ )

翌日から施工開始です

 

DSC_0640 DSC_0641

MOV_0664_000102 MOV_0664_000138 MOV_0664_000152

当店はあたりまえですが、基本的に洗車から全てフル純水施工 純水とは水道水の中に含まれてます車に良くない不純物をろ過した水です。水道水での施工はどんなに丁寧に行っても不純物などの付着は避けられません。知らない分からない、見ない見えない、考えない向上しないは恐ろしいことですね。コーティングを施工するうえでの最低レベルです。

養生、下地処理、細部洗浄、鉄粉除去などは、どのようなお客様(お車)でも変わりません。メニューやコースによって分けております。

でも流石に気は使います

目視で綺麗に見えても、特殊ライトなどで確認しますといろいろな問題がおきています。キズ、シミ、塗装の痛み、しっかり状態を判断し、患者さんの(お車)的確な施工を行っていきます。物を施工するという意識ではなく、気持ちのある、命のある患者様を施工させていただくという意識です。中途半端な腕で施工することは申し訳ないと考え、日々技術の探究は怠ってはなりません。

DSC_0720 DSC_0716 DSC_0725

MOV_0733_000016

時間はかかります 手間をかけ、ひとつひとつが結びついていきます。

DSC_0749 DSC_0752

ボディー、ウインドガラス、ホイール、樹脂パーツ 全てのクリーニング及び研磨、コーティング施工完成です。乾燥硬化 室温を一定に保ち安定させ、コーティングが徐々に仕上がっていきます。

これは設備なしではできません。見た目には分からないかもしれませんが質は大きく異なります。

コーティング業者 同じくくりでも施工レベルや施工への姿勢は大きく違います。

DSC_0002

安全運転で納車行ってきます(^^)/

DSC_0764

DSC_0765

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>