白 3台並び 感動!(^^)!

白色が3台 横並び めったにないことで感動してます(笑)

普段は黒がすごく多いです。年末、白色が多かったです・・・

日頃の行いが良いからかなぁ(^^♪

でも実は、黒系は見えるから分かりやすくて施工がしやすく、白系は見えにくいため施工が難しかったりします!黒は、腕の差がはっきりわかりますよね。ただ、白は下手さを隠してしまうので厄介です。 白は神経使います。黒も使いますが。(全部神経使います(笑))色により、見えやすい汚れも変わります。発見するためには設備と技術、知識、経験が大切です。黒でいれちゃう傷やムラは白でも同じように入ってます。黒を仕上げられない人は白も実際は同じように仕上げられてないんです。見えないから、分からないからでは車がかわいそうに思います。

誠実に向き合って、技術UP、本当のいい施工をしていきたいと思います。

 

DSC_1095.jpg 白3台 記念撮影

キャデラック エスカレード 鏡面研磨

投稿、さぼっててゴメンナサイ<m(__)m>

おまけに・・誤って写真フォルダーの上に別のフォルダーを上書き保存してしまったようで、あとから投稿しようとストックしてたものが・・・・・(;_;さっきまでパソコンの前で硬化してました・・・

ということでカメラに残ってた昨年12月後半からの投稿になります!(・_・;)

 

キャデラック エスカレード

コーティングご依頼ありがとうございます。

スポット、小キズ、白ボケ やりごたえ満点ですね(^^♪

DSC_1122  DSC_1126

DSC_1131 DSC_1133 DSC_1135

気合磨き開始 ( `ー´)ノ

DSC_1138

細かいところも磨きたくなり ゴム脱着、パーツ脱着

細かいところが気になり、施工追加(^^;)

養生、機材、材料 大放出(;_;

でも、止まらないこの気持ちとこの体(笑)

DSC_1130 DSC_1129

After(長く険しい道のりでした・・・自分で余計そうしました)

でも、この変わりよう(^^♪お客さん、めちゃくちゃ喜ぶでしょ(^_-)-☆

DSC_1134 DSC_1132 DSC_1153 DSC_1145 DSC_1144  DSC_1139 DSC_1141

DSC_1156

いい仕事したなあ(自己満足(^^♪)

細かくお求めのお客様、大募集ですよ~(笑)

磨き、コーティング、知れば知るほど奥が深く難しく面白いです(^^)/

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

開店から1年4か月、たくさんの方々の支えがあり

この日を無事に迎えられました。

言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

これからもより良いサービスができるよう日々精進してまいりますので

今後とも末永くよろしくお願いします。

これからもお店つぶさないように頑張ります( `ー´)ノ

予定ボードもヨレヨレ、ボロボロになってきました。たくさんのご予約をいただき、私の汚い字でおおいつくされ、大活躍してくれました。(←字きれいにかけ!(・_・;)) 補修をしながら使用してきましたが、変形が大きくなってきましたので新しい少し高いボードに買い替えることにいたしました。本当にありがとうね(;_;

DSC_1127 (2)

寒くなり去年に引き続き、ストーブも大活躍

中古品なので出しはじめで、去年に引き続き故障しましたが、無事修理も完了し、今は元気に温めてくれてます。長生きしてね(^^;)

DSC_1299

さらに、年末に奮発したのが(財布の中身が・・・(;_;)天上の断熱材です。めちゃくちゃ温まります。凄いの一言(^^♪あ~これなら泊まれるかもしれない(笑)楽園です

DSC_1297

防寒のカーテンもいい感じです。だいぶヨレヨレになりましたが・・・

いつかガラス張りのようなショップに・・・

DSC_1301 DSC_1300

設備も少しづつ良くなってきてます。腕前も(^_-)-☆

正月 1年ぶりの休みいただけました。ほんとうにたくさんのお車を施工させていただきありがとうございました。ささいなことでもお力になりたいのでお気軽に聞いてくださいね。メンテナンスも予約受付中です。全力でお応えします!

CX-5 クォーツガラスコーティング 3月施工

マツダ CX-5にクォーツガラスコーティングを施工させていただきました。

ありがとうございました<m(__)m>

新車でも 水シミ・鉄粉・小キズは必ずついてます。ボディーの洗浄後、ボディーチェックを行います。そこで、よりベストに仕上げる基本工程を組み立てます。 パネル一枚一枚状況は異なります。新車の質の良いクリアを一番いい形に仕上げるには熟練の技術と照明等の機器が絶対になくてはなりません。 拭き取りクロス、バフ、スポンジもベストの状態のものでないと仕上がりは大きく変わります。下地は指で触るだけでも傷つきます。タオルで拭くだけでもキズが入ります。その繊細さを理解し、繊細な下地の肌をとらえられる環境と技術がなければ、いい仕上がりはできません。

ipp

磨き工程に入りますかな。

磨き工程といっても、すべてが状況判断のもとに的確に施工を行います。良い下地の場合は出来る限り磨かない・・これが重要です。不具合を発見し、必要に合わせた最小限でレベルをあげるために磨きます。これは経験値と技術力で大きく見える世界は変わります。当然、仕上がりは大きく左右されます。もっと世界を広げたい(*^▽^*)

磨くと必ずキズが入ります。 水シミ、小キズ 全体で見ての最善へのゴールに持っていきます。非常に繊細で神経を使います。自分の場合は楽しいです・・・

黒、シルバー 車は色により見え方が全然違います。同じ量のキズや水シミが付いていても黒では凄くひどく見えるのに、シルバーでは気が付かないほどの見え方の違いがあります。 そして環境、陽射しの強い状況、日陰の状況、照明の種類によってキズ、ムラ等々見え方、見えやすさは異なります。また角度によっても見える見えないがあります。それが何なのか?どの程度なのか?どう施工することがベストなのか? 高い技術と経験が不可欠です。CX-5のこの色はより目力を使います(・_・;)

青空での施工、照明や設備のない施工は現状を把握せずちゃんと見ず、こんな感じかなって、だいたいでやっているに等しく、道具、工程、 間違いだらけの場合が多く感じます。磨きで傷だらけにしてもコンパウンドで艶が出て、埋るので磨きでついてしまったキズが目立たない。なおさら見えにくい環境で施工、引き渡しまで行うので分からない・・・時間が経つと、不自然なポリッシャーキズが目立ってきたり、白っぽくコンパウンドのムラやオーロラが見えたり・・洗車で付いたのかなって・・・最近はお利口なコンパウンドやコーティングがあり、技術のない施工でもそれなりに綺麗にみせることは可能になってきてますが、間違いだらけの施工で、素地がガタガタになってたとしたらガッカリですし、車がかわいそうです(>_<)

本当に磨ける施工技術者は少数で、そこら中にはいないと思います。しっかりとした専門店で、技術者の方にお任せしての施工をおすすめします。

KONFIDOはウェルカムです( `ー´)ノ負けないように修業の毎日(^^♪

ipp ipp ipp

脱脂・乾燥作業

脱脂作業は非常に重用です。

コンパウンドのかすや付着を落とす洗車で使用する水にも良くないものが含まれてます。これらの除去、そして水分の除去。これらのひとつひとつの工程も非常に繊細な施工です。太陽光や各種照明による素地の状況確認も行い、手直しを行い、コーティング塗布前の準備を行います。(^^;)ふ~っ一か所発見しちゃいましたぁ

脱脂剤による本格脱脂

野外や屋根のあるだけの空間では絶対にしっかりとした準備はできません。コーティングの定着は非常に重用です。そこにも高い技術と経験、設備が不可欠です。全神経をコーティングに集中させます。勉強もこのぐらい集中できてたらなぁ・・・(苦笑)

ipp

コーティング塗布後の乾燥 硬化

非常に重用です・・・施工は全部重要です・・・(・_・;)一つ間違えれば台無しになることもあります・・・(;_;

コーティングは商品を買うのではなく、ひとつひとつの的確な施工の積み重ねで完成するものなので 同じコーティングでもレベルはピンキリです。

全ては施工技術、設備、あとは気持ちでしょう!

KONFIDOはカーオーナー様からの直接のご依頼がほぼ100%なのでお客様の思いを受け止め施工できるところがすごく嬉しいです。ひとつひとつの施工に妥協はしません。

ipp ipp

車も喜んでくれてます・・・きっと(^-^)

ipp ipp

一台一台が世界でたった一台の大切なお車

いい仕上がりになった( `ー´)ノ

仕上がり後は、お客様の喜ぶ顔を思い浮かべたりしながら、施工証明書や清算書を作ってます。

好きなことを仕事でできるのはすごく幸せです。一年が経ち、たくさんのお車を施工させていただきました。たくさんのご愛顧をいただき本当に感謝してます。これからもたくさんのお客様と関わり、いっぱい喜んでいただけるように たくさん修業します(^-^)施工後のメンテナンスもどしどしお待ちしてます。サービス満タンで施工します

 

 

 

 

 

ipp ipp

少しでも 硬化、乾燥させることでコーティングの性能を100に近づけます。コーティングは完全硬化するまでに時間を要します。その間はベストコンディションではありません。

 

 

 

 

ポルシェ ロイヤルクォーツ施工 2月施工

ポルシェ カレラⅡ ロイヤルクォーツ施工しました。ありがとうございます。

この年式の車は 眺めてるだけでなんだかワクワクします。おっといけない!施工しないと(・_・;)

ipp  ipp

いろいろな歴史を乗り越えてきている車は状況判断がとても重要です。目視だけではなく、計器も用いて肌の状態、補修後、塗装の剥離、膜厚 さまざまな確認と適切な施工を組み立てます。

ipp ipp ipp ipp

パーツの脱着も行い、溜まりこんだ汚染物質の除去を隅々まで汚染物の種類と素地の状態に応じて判断して、適切な方法で行います。非常に神経の使う作業です。

表面の汚れを除去した状態で再度ボディーチェックを行います。小キズだらけになっているのと、ボディーの状態は均一ではなく、様々な状況、塗料の違いも見られます。深みのある施工が出来そうです。すごく大好きです(^^♪

ipp

マスキングを行い研磨前の準備をしていきます。

ipp ipp ipp

このボディーフォルムがとても楽しい研磨をさせてくれます。素地の状況を確認しながらの繊細な施工、状態により適切な施工が要求されますが、ベストな方法で最善に持っていくことのみです。コンパウンドもポリッシャーも一定ではありません。状況に合わせて適切な施工を行うことは非常に神経を使い、繊細な施工です。目力使い過ぎで涙目になります・・・(;_;

ipp

塗装後のペーパー研磨からの肌調整とは異なる繊細な施工ですね(^^♪

ipp ipp ipp ipp ipp

ipp

二晩 つきっきりで下地施工を行い、ようやく、ほぼ下地は完成しました。翌日、晴れですので青空の下での確認も行い、最終仕上げを行います。なんだかすごく愛おしい車に思えてしまいます(笑)

ipp ipp ipp

何点か、修正仕上げを行い、時間をかけて最終検査を行います。

OK!自分の中では合格です!

脱脂を行い、コーティング定着のための最善な状況準備を行います。

コーティング施工しました。この変化には目を細めてしまいます。ひとつひとつの確実な施工の積み重ねがあり完成しているので、施行者としては心の入った施工になってます。

深みと、しっかりとしたコーティングができました( `ー´)ノ

ipp ipp ipp

ipp

うーん、一日眺めていたいなあ・・お客様喜ぶだろうなあ・・・楽しかったなあ・・・

なんて考えに耽ってます。もう一層、膜を足したいなあ・・とかも(笑)

ipp ipp ipp ipp ipp ipp7

後ろからのフォルム・・・いいなあ

ipp ipp ipp ipp

ホントにこの仕事が好きなので、末永くやっていけたら最高です(^^♪

沢山のご依頼をいただき、本当にありがとうございます。