ゲレンデ D7施工

メルセデスベンツ Gクラス クォーツオリジナルD7(NEW)施工させていただきました。

ご依頼いただきまして、誠にありがとうございます。

カクカクして、凹凸たくさんのボディーはいろいろなポリッシャーを用いて仕上げます。

なかなか地道な施工でしたが、やりがいのある施工をさせていただきました(*^-^*)

ゲレンデ 磨き

 

ゲレンデ コーティング

いろいろ重なり、しばらくお預かりさせていただきましたので、いなくなって

なんだか寂しい気持ちになっちゃいました(^^;)

カーポート設置、エアコン空調管理、完全フル純水施工 いろいろ向上中

お預かりしたお車は大切なお客様です。

より満足していただき、快適な、より高レベルな施術を目指しています。

( `ー´)ノ繊細な一つ一つの地道なつながりで、完成するコーティング

お車の気持ちを感じながらの、的確で丁寧な、心を込めた施術を行います。

設備はお金がかかりますが・・・頑張ってコツコツと少しづつ(^^;)・・・宝くじ・・・

DSC_0217 DSC_0045 DSC_0494 DSC_0582 DSC_0399 DSC_0345

BMW7シリーズ ハイモースコート

BMW 7シリーズ  ハイモースコートご依頼いただきました。

固い無機シミのウロコでボディーが覆われてしまっていました。

その他いろいろな痛みが多々見られます。

素材なども考慮して、施工に用いる材料や工程を選択していきます。

 

DSC_0964 DSC_0988

 

蛍光灯がウロコでブヨブヨに見えますね。小キズも多々あります。

 

 

DSC_1009 DSC_1014 DSC_1015

下地施工を進めていきます。

細かく、隅々まで磨くにはマスキングも細かく必要です。

クラアー素地の仕上がりはすべての積み重ねで良くも悪くも仕上がります。

施工のために外した方が良いものは、脱着します。

DSC_1043 DSC_1044

ヒンジ廻りも綺麗にしていきます

ボディーと同じコーティングをできる限り細部まで施工します( `ー´)ノ

DSC_1045 DSC_1046

マスキングは細かく

DSC_0980

DSC_0978.jpg1 DSC_0981.jpg2DSC_0982 DSC_0983 DSC_0984

DSC_0985 DSC_0986

大切に丁寧にお車のことを考えて適切な施工を重ねていきます。

磨き施工まで完了です。少し良くなったかな(笑)

DSC_1068 DSC_1070 DSC_1061 DSC_1062 DSC_1048 DSC_1051 DSC_1066.jpg3

DSC_1067.jpg2

素地から湧き出る飾らない艶(クリアなコーティングが1枚)  充実感(´ー`)

見ちがえるようになりましたねBMWも嬉しそうに見えます(*^-^*)

更に艶を上げるのも魅力的かも・・・。

レヴォーグ &ラパン  メンテナンス

レヴォーグ メンテナンスご入庫いただきました

下地施工から 心を込めて、お車の状態を確認しながら、ケアー、リフレッシュさせていただきます。

1年間コーティングで守られたボディーは非常にダメージが少なく、ひとまず安心しました(^^♪何よりもお客様のお手入れの賜物ですね

持ちうる経験と技術をボディーに注ぎ込んでいきます。状況からデーターを集め、トータル的な判断を施工に移していきます。限られた時間と、いろいろ会社の事情もありますが(^^;)

綺麗に見せるだけのメンテナンスでは意味がないので、お車の末永い未来を考えて、優しく慎重な施工を進めていきます。

とにかく精一杯ですね(・.・;)

DSC_0725

ボディー状況の判断から始まり、データー収集を行いながら最適な下地施工の組み立てを行い、コーティング定着のための最善の状態作りをしていきます。

同じことばかり書き込んでます・・・年ですね(´・ω・`)  (-_-;)

D7なのでベースコート&トップコート塗布

DSC_0764 DSC_0768 DSC_0769 DSC_0770

KONFIDOで今できる最善のメンテナンス完了(*^-^*)施工も質も常に進化します。

まず、看板越しに一枚パシャッと(笑)

DSC_0920 DSC_0921  DSC_0923 DSC_0924

レヴォーグさん、凛々しくも見えますね(^^♪満足していただけた様です(笑)

そして、新設しましたカーポート(借金(-_-;))の下でオーナー様をお待ちです。

DSC_0925 DSC_0926

また、一年後にね

そして同じオーナー様 もう一台もメンテナンスに出していただきました

アルトラパン

1年も経つと、鉄粉もそれなりに付いてます。

DSC_1244 DSC_1245 DSC_1246 DSC_1247

触ったり、目視したり、いろいろなパターンからラパンさんの状態を知ることから始まります。車はしゃべりませんので、情報と状態を知り、喜んでもらえる最適な施工をしていきます。

DSC_1252 DSC_1253 DSC_1257 DSC_1254

 

外せるものは外して、施工しやすく、仕上がりが良くなるようにしてあげます。

DSC_1255

(ナンバープレートの車番を消してるので画像のナンバーが少し汚くなってます)

細部までコーティングを塗布します。

DSC_1294 DSC_1295 DSC_1296 DSC_1297

 

DSC_1319 DSC_1320 DSC_1321 DSC_1322

輝かしく生き生きとしましたね。これならまた一年バッチリ行けそうですね

また1年後にお待ちしてマース(*^-^*)